高校野球・甲子園中止が決定…高校球児たちの本音に涙が止まらない…

スポーツ
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは、ともまるです。

日本高校野球連盟は20日、新型コロナウイルスの影響で、今夏の第102回全国高校野球選手権大会(甲子園球場)と、全49代表(北海道、東京各2校)を決める47都道府県での地方大会を中止すると発表した。

https://www.yomiuri.co.jp/sports/koshien/summer/news/20200520-OYT1T50209/

上記の引用の通り、インターハイに引き続き甲子園まで中止の決定がされてしまいました。

高校球児たちの本音に心を打たれてしまったので記事にまとめたいと思います。

2020年のインターハイ中止にが決定。高校生選手の声に涙が止まらない…
2020年のインターハイ中止にが決定しました。全国高校総合体育大会を目指して頑張ってきた高校生選手たちの生の声をまとめました。
スポンサーリンク

甲子園中止の理由

甲子園を中止になったのは以下の理由がありました。

日本高野連は、県境をまたぐ移動と長期の宿泊を伴う全国選手権、事前の地方大会で選手らの感染リスクを完全に排除できないと判断。

長期間の休校で夏休み短縮の動きがあり、地方大会開催で学業に支障をきたし、全代表が決まらない可能性があることなどから中止を決断した。

https://www.yomiuri.co.jp/sports/koshien/summer/news/20200520-OYT1T50209/
ともこ
ともこ

緊急事態宣言は解除されそうだけど、日本中の人が集まるから再度感染拡大のリスクがあるもんね…

甲子園の中止は

・1918年(米騒動)

・1941年(戦局深刻化)

に続き3度目で戦後初ということです。

https://www.sankei.com/sports/news/200520/spo2005200011-n1.html

甲子園を目指していた高校球児たちの声

https://twitter.com/hulu2020uuum/status/1263414213550039041?s=21

https://twitter.com/6_ta_/status/1263339334561697793?s=21

2020.05.20

「甲子園」という夢を追いかける日々が終わった。本当に色々な方々が支えてくれたおかげで沖尚に来れて、夢を叶うことができたが、2年半一緒にやってきた仲間たちと甲子園で勝って去年の悔しさを晴らしたかった。

この悔しさを忘れず、次のステージへ

#恩返し

#甲子園

https://twitter.com/danielmur90/status/1263423772247199746?s=21
ともまる
ともまる

インターハイの時もそうだけど、何とも言えない気持ちになるね…

甲子園が中止になった場合の損失額

甲子園中止で球児たちが悲しんでいるのもさることながら、経済にとってもかなりの打撃を受けてしまうようです。

新型コロナウイルスの影響で8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会が中止になった場合、約672億4415万円の経済的損失が生じるとの試算を関大の宮本勝浩名誉教授(75)が19日、発表した。

https://hochi.news/articles/20200519-OHT1T50048.html

 

全国の地方大会の消費額が約139億7180万円で、甲子園での本大会の約171億5975万円と推計。

この二つを合わせ、今夏の大会全体の直接効果は約311億3155万円とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200519-00000139-spnannex-base

甲子園の経済効果

春の選抜中止の際にはこのような試算がされていました。

過去の分析データをもとに日帰り客(団体バスや深夜バスなどを含む)を約9割、宿泊客を約1割として、国土交通省観光庁の旅行・観光消費動向(2019年4月発表)から、交通費や入場料、飲食費、グッズ代などを含む日帰り旅行の経費(1人あたり1万7,285円)と宿泊旅行の経費(1人あたり5万4,300円)を設定。甲子園球場に応援・観戦に行く予定であった51万4,000人の消費額を約107億8,706万円と算出した。

https://resemom.jp/article/2020/03/09/55233.html

甲子園中止まとめ

甲子園が中止になってしまい心の整理がつかない選手が多いと思います。

それでも、この決定は受け止めるしかないのでいつかは自分の中で消化するしかないことだと思います。

早くコロナが収束して、スポーツ選手が満足に競技が出来る未来が来ることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました